メールレディ登録



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今人気のメールレディはアダルトなものだけでなく、普通に話をするだけのものもあります。しかし、メールレディという響きがどうしても風俗関係のにおいをさせてしまう…これはなかなかぬぐいきれないことですよね。
確かにアダルトなチャットの方が人気がありますし、ライブチャットをやろうとおもいっきり広告しているサイトはほとんどがアダルトチャットです。でもアダルトチャットいってもちょっと露出をしてエッチな話をするだけ…その程度ですから、風俗等と一緒にされてしまうのはちょっと心外にも感じますよね。
自分の彼女が副業でライブチャットをしているといったら、やはり彼は良い気持ちではないのがほとんどのようです。今書いたように、風俗の延長のように感じる人がほとんどなので、やめてほしいというのが本音のようですね。
私の友人は自分がライブチャットを始めたことを彼に話さないまま1年ほど付き合った頃、彼に突然「今まで黙ってたけど、○○ちゃんメールレディやってるでしょ?」といわれたというんです。話を聞いていると、半年ほど前に友達にライブチャットの中にお前の彼女に似てる人がいるからちょっとみてみなよといわれて見てみると、本当に彼女に似ていて、でも似ているだけだよというとチャットをしてみようかと友人が言い出したそうなんです。それでマイクをつないで声を聞いてしまい…彼女だと分かったみたいなんです。メールレディをしている彼女側からしてみればこんなに恐ろしいことはないですよね?まさか自分の彼に見られてしまうなんて…。そこからなぜ彼が半年間も言わないままでいたのか、それは彼にはあまりにも衝撃的過ぎて言い出せなかったらしいんです。相当ショックだったんでしょうね…彼の立場になってみれば良い気分では決してないですから。
その後はどうなったのかというと、彼は彼女にやめてほしいとはっきり切り出したそうです。若干アダルトなサイトでもあったので、顔も知らない男に自分の彼女を見られることがやはり苦痛でたまらなかったみたいですね。彼女はその後しばらくしてライブチャットをやめました。やっぱり好きな人を手放してまでする仕事ではないと思ったようです。
誰とも付き合っていないフリーの女性なら稼げるだけ稼ぎたいから副業にメールレディをというのはありかもしれませんが、彼氏もちの女の子にはちょっと危険な副業かもしれません。それがきっかけで大好きな人と離れなくてはならなくなるのはつらいですからね。
メールレディの彼氏の気持ちはいつでも「やめてほしい」と思っているのがほとんどなのです。
スポンサーサイト
職業に貴賎なしとは言えども、メールレディの仕事はまだ後ろめたい思いを持って就業している女性も多いと思う。
しかし、彼氏がいる女性は、メールレディの仕事をするのは難しいのかと言うとそうでもない。

私の知り合いでも、彼氏がいてやっている子も何人もいた。いくつか紹介する。

A子の場合、アダルトサイトで仕事をしていたが、ウィッグをつけたり、濃い目の化粧をしたり、普段着用したいような服装で出演したりして、まったくの別人を演じていた。私もサイトで見たとき、全くわからなかった。彼氏にはオペレーターの仕事と話していた。

B子の場合は、体に持病を持っていて、外で勤務できない子だった。だから彼氏と相談してノンアダルトのサイトでメールレディをしていた。彼女の場合は彼氏と同棲していたので、彼氏の理解はあり、ノンアダルトなら応援するとのことだった。彼氏がいると男性目線からのアドバイスももらえて、こういう服装のほうが男の人は喜ぶ、こういうポーズで待機したほうがINしてもらいやすいなど、話し合いも活発だったという。今でも継続してがんばっている。

C子の場合は、特殊というか、すごかった。アダルトサイトでがんばっていたC子の場合、月に何回かは彼氏と出演していた。彼氏はプロレスラーのようなマスクをつけて出演していた。
ヘッドセットは彼氏がつけて、男性会員は彼氏に指示を出す。すなわち、オーダーメイドであなた好みのアダルトビデオを作成しますよ、という、ショーを行なっていたのだ。
このショーが定着してきたら、事前に男性会員がメールで脚本を送ってくることもあったという。
金曜日や土曜日の夜など、その脚本を元にSEXショーが開催される。
あんまり開催すると飽きられるから月2回ぐらいのお楽しみだったという。それでも、そんなショーはほかにほとんど登場しないから、女性レズコンビのショーと並んで、覗き会員も多く、そのショーの日は一晩で40~50万を稼ぐこともあったという。
ちなみC子は彼氏と別れたため、今は開催されていない。

また彼氏がチャットサイトを利用する趣味を持っていると判明した場合、仕事を辞めるか、別れているメールレディがほとんどである。
ちなみに、出演しているサイトに彼氏も登録していると知らず、彼氏がINしてきて自分だとばれてしまい、お互いに気まずくなって別れたというカップルも何人か見たことがある。

 | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。