メールレディ登録



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メールレディとして勤務して、お給料が振り込まれるとき、当初一番気になるところが事務手数料だと思う。
どこのチャットサイトで仕事をするかで事務手数料は異なってくる。
もちろん事務手数料0円というところもある。
ダイナマイトライブというところは月1回払いでお給料日は末日〆の翌月5日振込みであり、5000円以上から振り込み可能となっている。5000円未満は次回へ繰越となってしまうものの、事務手数料が給料から引かれない。
でも、このようなサイトは非常にまれであり、たいていのところは、お給料から一律420円~525円ほど引かれてしまう。

どうしても事務手数料を安くしたいと思うならば、運営サイトが口座を持っている銀行で口座を作るしかない。
たとえば、マダムとおしゃべり館の場合、みずほ銀行以外のメールレディは事務手数料が525円かかる(3万円以上の場合735円)が、みずほ銀行の方は事務手数料が210円(3万円以上の場合420円)で済む。
一銭でも、もったいないと考える人は、通勤メールレディで働くパターンもある。
POPROOM札幌のように、その場で手渡ししてくれる会社もあるからだ。
この会社は、厚生費、事務手数料、雑費、ROOM利用料も引かれず、純粋に働いた分その場で計算してくれる。
日払いも、週払いもすべてに対応している良心的な会社だが、これもまれなパターンだと思った方がいい。
ちなみに円高なのに登録メールレディが多いDXライブ。
DXライブはカリフォルニアに拠点を置く、世界手トップレベルの人気を誇るアダルトライブチャット。
円高の今、外貨を買って遊ぶ男性会員にはいいが、働くメールレディ側からしたら、外貨送金なので、お給料はUSドルで支払われ、日本円に換金しての受け取りである。両替だけでも損した感が高いのに、銀行により着金日が遅れたりさらに銀行手数料がかかる。

なのに、事務手数料は納得いかないなどあまり話を聞かない。
結局のところ、5000円程度しか稼げないメールレディの事務手数料525円は痛いけど、月に50万円以上稼ぐ女性の事務手数料525円は痛くもかゆくもないといったところなのではないだろうか。
事務手数料でブツクサ言うメールレディは、お小遣い程度も稼げていない女性が多い。
事務手数料がそんなに気になるなら、ちゃんと人並みに稼げるようになるよう努力するべきだと思う。
スポンサーサイト
アダルトメールレディでお金を稼ぐ場合、いくらぐらい稼ぎたいか、で仕事内容が変わってくる。
ウェブカメラとマイクをつけてれば、誰でも楽にアダルトメールレディで稼げるわけではないからだ。
顔も出さない、マイクもつけない、Hな会話も受け付けない、待機中も画面に登場しないようじゃ、ほかのメールレディにお客様を取られてしまう。

稼ぐには、やはり新規のお客さんを獲得しつつ、常連さんを作って行くことが大切だ。

何点かコツをあげてみる。

① ライトを明るくする。
肌の色が良くなって見える。
② 壁やカーテンは白にする。
レフ板を用いているメールレディもいる。
③ 同じ時間帯にINして、顔と名前を覚えてもらう。
新人のころは必須事項。
④ PM22時~AM2時にINをする。
一番お客様が多い時間帯。
⑤ 来てくださったお客様に必ずメールで御礼をする。
短いものよりも、多少長めの文章がお勧め。彼氏にメールを送る感じがいい。
⑥ 待機中が大切。
にこにこ笑ったり、手を振ったりウィンクしたり。見られていることを意識して自分をアピールすること。
⑦プロフィール欄に次回の出演日時などを明記しておく。
⑦ お試し会員を大切にする。
お試し会員が、常連さんになることが非常に多いから。
⑧ 通勤レディではなく、在宅レディにする。
通勤の場合、家賃や光熱費など経費が掛かるため、在宅よりも給料は低く設定されている場合が多いから。
⑩私たちは女優。お客様の求めているキャラクターを演じる。

ここまではアダルトメールレディとして最低限すること。さらに稼ぎたい方は、

① 服装にこだわる。
コスプレや男性好みの服を着る。
② イベントを企画する。
今日はゆかたまつり!とか。
③ 友人を誘って、レズコンビを演じる。
お客様側は1度に2人の女性を楽しめるから、すぐに人気が出る。
④ 部屋だけじゃなく、ほかの場所からも生中継する。
ラブホテルでやったり外でしている子もいた。
⑤ 大人のおもちゃを利用する。
ローションプレーとか、サービスメニューを増やす要領で。
⑥ 焦らし上手であること。
「見せてー」って言われて「はーい」っていう感じで脱いでいるとすぐに飽きられる。色気の出し惜しみが大切。

昨今、AV女優はパフォーマーとして紹介されるようになった。アダルトメールレディだって、パフォーマーと呼ばれることもある。プロ意識を持ち、お客様をもてなす感じで仕事をすると稼げる。
メールレディは携帯電話でもすることができる。
だから、自宅にパソコンがない人もしている場合が多い。
私の知り合いは、パソコンを買うお金がなくて、先に携帯電話でこの仕事を始めた。
コツコツとお金を貯めていき、パソコンを購入し、同時に一人暮らしを始め、半年ぐらいでパソコンのほうのメールレディに転向した。

メールレディの携帯バージョンは、男性会員と携帯電話やスマホでTV通話、自宅の音声通話(実際あまりいないが)、携帯メールで会話し男性に楽しませるお仕事だ。

稼ぎに関しては、サイトと通話状態によっても異なる。
携帯電話で声のみのコミュニケーションならば1分あたり平均で50円~というところが多い。
テレビ電話でのコミュニケーションが可能なら、1分あたり80円~というサイトもある。

中にはメールレディ携帯バージョンなのに2ショットではなく、会話覗きモードもあるサイトもあり、パソコンと携帯のメールレディの違い
が女性側からすると見えなくなってきている。

あえてパソコンと携帯でメールレディの違いをあげるなら、携帯の場合、顔出しなし可能サイトが大半だが、ほぼ全てのサイトがアダルトかアダルトミックスミックスである。パソコンのように待機映像が流れることはないが、画像投稿やメールでもポイントが入るのでチャットをしないで収入にすることも可能である。
待機中も電話がかかってくるまでは放置していればいいのでいつでもできる。見えていないから食事をすることだって可能。
パソコンチャットはお客様も、女性は仕事でチャットしているのを理解している方が多いが、携帯チャットは女の子側も出会いたいからやっている、セフレを探してる、と勘違いしているの人がまだ圧倒的に多いのが現状である。だから言葉のやりとりには気をつけなければならない。

パソコンで同時待機しているメールレディも多いが、パソコンと携帯で同時待機しているメールレディも増えてきた。
携帯チャットはメールだけでもポイントになるので、パソコンチャットで待機中、メールをしているメールレディも多い。

両方が上手に使いこなせるようになると、待機時間も半減し、稼ぎも増える。
しかし、パソコンと携帯の同時待機で気をつけなければならないのは、パソコンでは待機映像が流れているということである。
待機映像の見栄えが悪くならないによう注意を払う必要がある。
給料とは我慢料である。
だから高収入を得ている方は、それだけ我慢しなければならないことも多いと思っている。

社会に出たら、当たり前のように会社勤め、そして会社ではいつも上司に怒鳴られる。
家族を守るために働いているのに、家では家族が冷たい視線を向けてくることもある。
毎日そんな繰り返しで、日々ストレスをため込んでいる男性がごまんといる。
メールレディをしていて、こんな男性たちのストレスを食べて生計を立てているのかなと、考えたことがあった。
メールレディの時は、中高年の男性がよく、私に日頃の出来ごとを話したり、愚痴をこぼしてきたりしてくることもあった。
聞いてもらえる人がそばにいないのかな、だからお金を払ってまで私のところにINするのかなと思った。
話をうんうん聞いてもらうと、癒されるのだと言う。
男性会員の背負っているものを目の当たりにしたとき、この仕事で多少いやな目にあっても我慢しようと決めた。
それだけの報酬を得ているのだから我慢しようと決めた。
もちろん、ためになるお話をしてくれる男性会員もいた。
すごく勉強になったし、楽しい時間もいっぱいあった。
だけど、同じくらいに辛い時間もあった。
男性会員は顔を出さなくてもOKなわけだから、メールレディ側からしたら、顔の見えない男性から、いろんなことを言われたり、要求されたりすることもある。
待機ストレスは結構、心にくる。
チャットが成立するまで待っている映像を男性会員は無料で見ている。
待機していると、
「ちょっとお尻出してよ」
と、サイト経由でメッセージが届く。
アダルトサイトなら、こんなのはざらで、
「どうせ暇でしょ。直接メールしよう。アドレス教えて」
「今日の下着はどんなの?」
「君を見ながら、やってます」
などと、待機映像をずっと見ている男性会員からのメッセージが頻繁に届く。
メールレディ側がいやになって、
「からかわないで」
などとメッセージを返したら、
相手もまたまたメッセージで
「感じ悪い」などと言い返して来たり、
「お金にがめつい」
「人気の○○ちゃんは丁寧な対応なのに。だからあなたは人気パフォーマーになれないんだ。ブスだしね」
と言葉の暴力にさらされることもある。
いやな目に遭うことは報酬と比例している。メールレディは笑顔でかわしながら懸命に働いている。
覚悟がないとできない仕事である。
メールレディしていることを親にバレたくない。
そう考えるメールレディは多い。
メールレディは1日に3000人~4000人働いているといわれ、金、土、日曜日の繁忙時間帯になると、その倍の女性がINしているとも言われている。
私もそうだが、チャット仲間からもバレたという話を聞いたことがない。
親バレの問題に関しては、働く女性次第だと正直思っている。
登録先である会社側は、どこの運営サイトにも記載のあるとおり、個人情報・プライバシー保護が厳重に守られるため、会社から外部に、情報が漏れるということは非常に考えにくい。ネット社会になった現代、会社側のミスで情報漏えいした場合、損害賠償請求になり、多額の損失を抱えてしまう。最悪の場合、運営サイトが閉鎖になり、会社も倒産に追い込まれる。
上記のようなリスクを背負って運営をしているため、必然的にプライバシー情報の取り扱いにはかなり神経質になっている。
そのような背景から、メールレディとして働いていることが親など外部にバレてしまうパターンとしては、
何かの拍子に自ら話してしまった、給料が振り込まれる口座を親に知られた、問い詰められた結果、話してしまったなど、決まってくる。
親バレがそんなに不安なら、一人暮らしや通勤スタイルのメールレディにするとベストではあるが、どうしても家を出られない人もいると思う。
そんな方は以下の点に細心の注意を払って行うしかない。
①フリーメールアドレスを作る。
メールはフリーメールでも登録可能だから、サイトとの連絡は、フリーメールで行う。
知人はホットメールを使っていた。お客さんにアドレスを教えてと言われた時も、フリーメールなら教えることができるから。
②ウェブ閲覧履歴からバレないように削除の習慣をつける。
家族の共有パソコンでしか仕事ができない場合は特に、仕事を終えた後は必ず履歴のクリアをする習慣をつける。
③チャットサイトをお気に入りに登録しない。
当たり前。
④IDやパスワードは記録しない。
面倒だけど、仕事開始のときは、その度に入力する。
⑤携帯メールレディで仕事をする。
部屋の壁の厚さと親がいる時間帯のみ注意を払えばよい。
⑥ 顔出しNGでも仕事ができるサイトに登録する。
収入はお小遣い程度になるが、親バレが不安で仕方ないなら、諦めるしかない。

これでも不安な方は、メールレディに向いていない。
メールレディをプロとして本業でしている人と、お小遣い程度を稼げたらいいと思って、副業として仕事をしている人に分かれると思うが、私は副業程度にとめておいたほうがいいという考えである。
私は、借金返済が目的だったので、借金が完済したらすっぱり足を洗った。
もともと、ほかの仕事と兼業していたので副業としてメールレディに取り組んでいた。本業の収入だけでは生活は成り立っても借金は返済できなかったからだ。
長く続けてはいけないという思いもあった。
メールレディが佃煮にするくらい存在するから、変装を完璧にしていれば顔ばれはしない、という謳い文句はそこのチャットサイトを見ても踊っていたが、不特定多数の男性に閲覧され、INしてきた男性の顔もわからないこともある。そんな時、自分の話し方とかで私とばれたらどうしようという不安は、どれだけ変装してもぬぐえなかった。特に短期間で借金を完済したかったから、アダルト系にも手を出していた私は、仕事していた数ヶ月間、この不安というストレスに押しつぶされそうになったこともあった。
カメラ環境と部屋の明るさを整えて、繁忙時間帯と時期をうまく見定めれば、小奇麗な女性なら大体そこそこ稼げる。
簡単に小金を手にできてしまう環境に長く自分を置いていたら、金銭感覚が狂ってしまうという思いもあった。
長く続けているメールレディの方には、プロになった人もいれば、育児の合間を縫って副業としている人もいるだろうし、
外に出られないなどの事情を抱えて、仕事をしている人もいる。
人それぞれだから、生き方にまで口を出すつもりは毛頭ない。
足を洗った今でもメールレディという仕事は、副業程度にしておくのがちょうどいいという思いはある。
プロとしてやっていきたい人ならともかく、短期間で高収入を狙っている人にとったら不都合なソフトも登場してきたからだ。
チャットグラバーという、パソコンソフトをご存知だろうか。
ライブチャットなどの動画を劣化なしで録画して保存できるPCソフトであり、お気に入りの メールレディー・パフォーマーの待機映像や2ショット・パーティーチャットの動画も自動録画可能なソフトである。
このようなソフトを男性会員が購入して、メールレディに黙って録画し、まだ自分で再生して楽しむならいいが、外に流出されたらえらいことである。
短期間の副業程度が一番いいと思う。
メールレディの稼ぎにシーズンは関係あるのか、という問いには、
経験者としてそんなに意識しなくてもいいという答えを出す。
巷で言う、人肌恋しくなる秋が一番稼げるかって言ったら、そうでもなかったし、世間的に忙しいと言われている冬場のクリスマス~春先の送別会、歓迎会シーズンは客足が遠のいたか、というと、そうでもなかった。
オールシーズンで総括して言うと、もちろん平日は稼ぎが低い。
だからINしているメールレディの数も少ない。
金曜、土曜、日曜、祝日は男性会員も休みの人が多いからサイトに集うし、メールレディもそれを狙ってINしている。
強いてあげるとするなら、一番稼ぎやすい時期は、12月~1月じゃないかなと思う。
男の人は年末で仕事や忘年会で忙しい時期じゃん、って思う方も多いだろう。
だけど、サイト側にとって見たら、12月~1月が一番イベントが立ち上げやすい。
クリスマス、お気に入りの子と一緒に忘年会、年越しカウントダウン、新年会もご一緒に!とイベントを立て続けに毎週立ち上げている。
それに便乗して稼ぎたい、というやる気のあるメールレディは衣装を工夫して画面に登場する。
それ以外の稼ぎ時としてあげるなら、花見の時期(さくら祭り)、七夕とか、ひなまつりとか、サイト側がイベントを立ち上げやすいとき。
でも男性会員の気持ちとイベントの華やかさが必ずしも一致するとも言い切れないので、時期を意識したり、また過剰にこの時期は稼げると期待もしないほうがいい。
稼げるシーズンを分析するよりも、なぜチャットに男性会員がハマるのか、について考えた方が稼げる。
チャットに来る男性会員は、遊べるお金を持っているけど、独身の人だったり、比較的友達が少ない方が多かった。
自由になる時間が見えるくらいに多いから孤独を感じるのかな、世間が騒がしい時期に、独り身が堪えるのかな、だからお金を払ってまでINをしてくれるのかな、と思って私は仕事をしていた。
友達も多くて、人見知りもなくて、女性経験豊富な人はほとんどチャットサイトにはいなかった。
遊べるお金を持っていない人はチャットサイトには、うろうろしていなかった。うろうろできないよね。
画面を通して一見恋人感覚にも似た体験、いわゆる疑似体験を簡単にできるのが、チャットの世界。
男性の乾いた心を潤す方法について勉強したほうが、誰よりも多く稼げると思う。
アダルトメールレディではなく、ノンアダルトメールレディで稼ごうと思うなら、細やかな気配りと、セルフプロデュース能力が必要となってくる。
アダルトサイトと違い、AVプロダクションや風俗に出ているような”プロのメールレディ”が在籍していないからといって、他の女性との競争がないわけではない。

経験者として、ノンアダルトレディで稼ぐコツを挙げていくと・・・・・。

① 男性会員がダントツに多いサイトを選ぶ。
待機時間を減らすため。
② 高性能のウェブカメラを選ぶ。
画像が荒いと老けて見える。ロジクール社製品がお勧め。
③ プロフィールの写真は、自分が一番美しく写っているポーズのものにする。
真正面じゃなくても良い。パーツでも可能。
④ 上方にウェブカメラを設置し、角度とか自分のベストポジション見つけて微調整する。
私の場合、待機中はベストポジションだった、斜め48度からのうなじ系からの顔の顎ラインを映していたり、足を映していたりしていた。

⑤ 真正面から白熱灯を当てる。
若くなって見えるし、肌もきれいに映る。
⑥ 服装はスカート系にする。
男性相手だからパンツスタイルより高感度がUPする。
⑦ 声出しはしたほうがいい。
聴覚も刺激することで、相手の男性のテンションも上がる。
⑧ プロフィール欄の情報は細かく具体的に書く。
何が趣味で、どんなものが好きなのか。男性側はルックスだけでなく、そのプロフィール欄を見て、メールレディに興味を持つことが多いから。INしてくれた後も会話の突破口になる。
⑨ 顔出しは、ほとんどのサイトが任意だが、変装してでも出したほうがいい。
顔を出さない場合は、口元から鎖骨のあたりを出すなど、男心を考えて工夫が必要である。
⑩阿川佐和子になれ。
アダルトではなく、ノンアダルトで稼ごうと思うなら、容姿端麗よりも、頭の回転のほうが重要になってくる。女の子に話してほしいというお客様なら、いかに会話のネタの引き出しを多く持っているかが勝負になる。話を聴いてほしいというお客様なら、阿川佐和子のような聞き上手でなければならない。今日INしてくれたお客様は前者かな、後者かなと瞬時に見抜く力がとても大切である。
また常連さんができた場合、前回話した内容をメモしておくことも大事だ。私はいつも日記をつけていた。

稼ぎを安定させたいと思うなら、他のライブチャットを覗いて勉強していく姿勢も大切だ。

 | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。