メールレディ登録



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メールレディはパソコン業務なので、肩こりは職業病だと思っている。
肩こりしないメールレディもいるだろうけど、ウェブカメラに映り、不特定多数の男性会員に見られる緊張感があるので、私は普通のパソコンの仕事よりも肩こりがひどかった。
ノンアダルトメールレディの時は、自分が一番美しく見える体勢で仕事をしていたため、
2時間ぐらいずっと同じ体制を維持して仕事をしていたら、吐き気を催したこともあった。
だから、ノンアダルトメールレディの時は必ず30分ぐらい休憩を挟むようにしていた。
だけど繁忙時間帯は、男性会員と待ち合わせをしていたり、チャンスを逃したくないと思って無理をしてしまうことも多々あり、自分の体をずいぶんといじめた。
午前2~3時頃、波が収まったとき、ベッドに突っ伏してしまい、そのまま起き上がれず、気づいたら朝だったということも何度もあった。
アダルトメールレディに手を出していたときは、肩こりだけでなく、いろんな体の節々が悲鳴を上げた。
元来サービス精神旺盛で、気も小さいため、お客様のリクエストにも、どうしても応えてしまう。
また覗きも増えてきて、自分のルームがエキサイトしてきたときは、過剰に演じたりするもんだから、余計に負荷が発生する。
こんな私にお金を払ってくれている、と思うと体的にしんどいポーズでも応じてしまうメールレディは私だけじゃないはず。
肩こりから始まって、背中に痛みが走り、腰痛も生まれ、終いには指先まで痺れが発生した。そのときは売薬じゃどうにもならず、整体に行った。
どちらのメールレディにも言えることだが、休みを適宜ちゃんと作ること。
そうじゃないと、本当にこの仕事は体を壊してしまう。
体を壊してしまっては、元も子もないから。
毎日、仕事が終わったら湯船にゆっくり浸かって血行を良くするとか、月に1回はマッサージ、整体に行くとか、無理にでも体を休ませる予定を入れる。
あと、生理中のときにアダルトメールレディはしてはいけない。
たまにマニアさんがリクエストしてきたり、生理をアピールして、マニアさんを誘っているメールレディも見かけるが、
ばい菌が入る可能性もあるし、何よりも体の負担が大きすぎる。
メールレディ1本でご飯を食べていくなら、生理中は長期休暇日だと思って休む。
休むことが苦手な人は、せめてノンアダルトのメールレディ日にするべきだ。
スポンサーサイト
メールレディからネットアイドルになった人はいっぱいいる。
今ではメールレディ募集ではなく、サイトにもよるけどネットアイドル募集という告知も見かけるくらいだから。
ノンアダルトチャットからネットアイドルになる人はあまり見かけないが、アダルトサイトからネットアイドルになる人は多い。
アダルトチャットの場合、専業の方も多いし、中には軽くアダルトビデオデビューしている子もいて、本気でエロの世界でがんばりたいと思っている子もいるから、ネットアイドルになる人も多いのかもしれないと見ている。
ネットアイドルとは言えども、アダルトサイト出身だったら、アダルトネットアイドルという正式名称で言った方がしっくりくる。
運営サイト側が売れっ子メールレディになった人に、ネットアイドルへの道を用意しているところも増えてきた。
たとえば、DMMが運営しているアダルトチャットの「あちゃ」は現役AV女優もチャットに顔を出すからこそ、素人から売れっ子メールレディになった人に単品でAVに出演しませんか?という声が良くかかる。
現に配信デビューやビデオデビューしてしまったメールレディも多い。
DXライブでもあまり有名でないAV女優がたまに出演するからか、トップ10に入るようなメールレディにはやはり、AV業界関係者から声がかかる。そしてAV女優になった方もちらほらいる。
AV女優デビューとまでは行かなくても、売れてきて、固定ファンも現れてきて、収入どんどんUPしてきたら、エスカレートするのか自分でAV動画作成し、動画配信して小銭を稼いでいる、セミプロ的な人気メールレディはわんさかいる。
ホームページを立ち上げて、そこから自分で作った動画のページのリンクが貼られていて、自作の動画がいっぱいある部屋に飛ぶ。
サンプル動画まで用意されているから、本格的だ。
AV女優までいかなくても、アダルト系のネットアイドルに変貌を遂げるメールレディの方は、根本的にHが好きだし、自分の体に自信も持っている。
見せ方も良くわかっているし、女性から見ても美しい方が多い。
ただ動画を見ていると、中にはメールレディをしていたときに自分のファンになってくれて、その方とアダルトビデオまがいの行為をしているものも多い。
当の本人は楽しんでいるから、ファンに声をかけるのだろうが、私はそこまでして小銭を稼ぐ行為を理解できない。
高収入を稼ぎ出すメールレディたちは、それだけのお給料に匹敵する売上をあげるために、毎日長時間働いているのか、というとそうでもない。
ノルマもないし、ただ自分が働きたい時、働きたい又は稼ぎたいと思う時間分だけ働く人が殆どである。
中には、一日に6時間も8時間も働くメールレディもいる。
だけど私はお勧めしない。
あまり長時間INしていると、いつでも逢える感が出てしまい、安売り状態になる。
また、そのINしている時間のうち、待機の時間のほうが長かったら、人気がありません私、と宣伝しているようなものだ。
多くの良客の常連さんを抱える高収入のメールレディは、勤務時間が”この時間帯”と決まっている。
私は決して売れっ子ではなかったが、勤務時間帯を一番男性客が多い、22時から26時の間と決めていた。
同時待機もしていたし、繋がったほうに行けばいいくらいの感覚だったし、別の仕事もしていたから、どれだけ盛り上がっても朝まで勤務するなんてことはしなかった。
別の仕事を持っている人は、大体これぐらい稼げたらいいかなという目標金額を持っているから、わりかし勤務時間を区切るのが上手だが、メールレディ専業で生計を立てている人は、朝から晩までINをしていたり、だらだらと待機している人が多い。
このようなメールレディは、まじめな人が多い。
まじめな方じゃなかったら、結構きついこの仕事はすぐに辞めてしまうから。
チャットサイト側もそのまじめな専業メールレディを煽るかのように
「メールレディ売り上げランキング」
「メールレディ待機時間ランキング」
などをよく行う。
中には、1位~10位のメールレディには現金がもらえるとか、I-PHONEなどの豪華商品がもらえるとかもよく目にするし、
もっと待遇の良いサイトになると、旅行や、衣装などの豪華プレゼントを用意してくれるところもある。
勤めてみて思ったのが、勤務時間に何をするかが大切だということ。
メールレディの仕事は、生放送の番組を配信すること。その番組内容が大切なのだ。その内容が男性会員の求めているものだったら1時間の勤務時間でも、相当稼げるのがこの世界。
だらだらINしていても、何の面白みのないショーを配信していては、誰も見に来なくなる。
運営サイト側が用意するイベントにうまく便乗し、番組を構成していくことが何よりも大切である。
今からメールレディの世界へ飛び込もうと考えている人も多いと思う。
経験者から初心者の方へいくつかアドバイスをしたいと思う。
よかったら参考にしてほしい。
①目標を決めること
いくら稼ぎたいのか、何を目標にがんばるのか。
私は借金完済だった。目標がないと頑張れない仕事だから。

②どのサイトに登録するか決める。
チャットサイトも佃煮にするくらいある時代。アダルトなのかノンアダルトなのか、両方に登録するのか。
年齢が30歳以上ならマダムってジャンルもある。それぞれに対して報酬の違いもあるから、よく吟味すること。
③すぐに登録しないで、1週間ぐらい様子を見ること。
どんな仕事をするのか、何を求められるのか、自分にできるのか、自分自身とよく話し合うことが大切。
特に接客業などしたことがない方は向き、不向きもあるので、メールレディのブログを読んだり、サイトに掲載されている体験談を読んだりして考える時間を作ること。
④ウェブカメラはロジクールの高性能なものを選ぶ。
画像が荒かったり、きれいじゃないとなかなかINしてもらえない。
⑤ライトが大事。
自分を美しく見せるには、白熱灯を真正面から当てること。照明が暗いと部屋全体が暗くなり印象も悪くなる。
⑥待機中はネットサーフィンをほどほどにする。
ネットサーフィンしている女の子の顔は結構怖い。どうしてもネットで調べものがあるなら、ウェブカメラを顔ではなく、自分の次に自身のあるパーツを映しておくといい。私はいつも太ももを映していた。
⑦笑顔を維持するためにバックに音楽をかけておく。
これをやっているメールレディは多い。
⑧ノンアダルトメールレディなら特に、お客さんにだまされない。
初心者の頃はプロフィール欄とかに、若葉マークや新人という言葉が踊り、サイト運営側が懸命に売り出してくれるが、その言葉につられて入ってくる男性会員は、たまに
「みんなやっているよ、脱いで」
と要求してきたりする。お客様に流されないことが大事。
⑨アダルトメールレディの場合、下着姿で待機しない。
無料待機映像で満足させてどうする。
⑩日ごろから引き出しを増やす努力をしておく。
チャット時間を増やすのは会話力。いろんなネタを仕入れて、チャット時間を1分でも延ばす努力をする。
アダルトチャットも会話で3時間などざらにある。
常連を作るのは体ではなく会話力だ。
職業に貴賎なしとは言えども、メールレディの仕事はまだ後ろめたい思いを持って就業している女性も多いと思う。
しかし、彼氏がいる女性は、メールレディの仕事をするのは難しいのかと言うとそうでもない。

私の知り合いでも、彼氏がいてやっている子も何人もいた。いくつか紹介する。

A子の場合、アダルトサイトで仕事をしていたが、ウィッグをつけたり、濃い目の化粧をしたり、普段着用したいような服装で出演したりして、まったくの別人を演じていた。私もサイトで見たとき、全くわからなかった。彼氏にはオペレーターの仕事と話していた。

B子の場合は、体に持病を持っていて、外で勤務できない子だった。だから彼氏と相談してノンアダルトのサイトでメールレディをしていた。彼女の場合は彼氏と同棲していたので、彼氏の理解はあり、ノンアダルトなら応援するとのことだった。彼氏がいると男性目線からのアドバイスももらえて、こういう服装のほうが男の人は喜ぶ、こういうポーズで待機したほうがINしてもらいやすいなど、話し合いも活発だったという。今でも継続してがんばっている。

C子の場合は、特殊というか、すごかった。アダルトサイトでがんばっていたC子の場合、月に何回かは彼氏と出演していた。彼氏はプロレスラーのようなマスクをつけて出演していた。
ヘッドセットは彼氏がつけて、男性会員は彼氏に指示を出す。すなわち、オーダーメイドであなた好みのアダルトビデオを作成しますよ、という、ショーを行なっていたのだ。
このショーが定着してきたら、事前に男性会員がメールで脚本を送ってくることもあったという。
金曜日や土曜日の夜など、その脚本を元にSEXショーが開催される。
あんまり開催すると飽きられるから月2回ぐらいのお楽しみだったという。それでも、そんなショーはほかにほとんど登場しないから、女性レズコンビのショーと並んで、覗き会員も多く、そのショーの日は一晩で40~50万を稼ぐこともあったという。
ちなみC子は彼氏と別れたため、今は開催されていない。

また彼氏がチャットサイトを利用する趣味を持っていると判明した場合、仕事を辞めるか、別れているメールレディがほとんどである。
ちなみに、出演しているサイトに彼氏も登録していると知らず、彼氏がINしてきて自分だとばれてしまい、お互いに気まずくなって別れたというカップルも何人か見たことがある。

 | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。