メールレディ登録



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メールレディしていることを親にバレたくない。
そう考えるメールレディは多い。
メールレディは1日に3000人~4000人働いているといわれ、金、土、日曜日の繁忙時間帯になると、その倍の女性がINしているとも言われている。
私もそうだが、チャット仲間からもバレたという話を聞いたことがない。
親バレの問題に関しては、働く女性次第だと正直思っている。
登録先である会社側は、どこの運営サイトにも記載のあるとおり、個人情報・プライバシー保護が厳重に守られるため、会社から外部に、情報が漏れるということは非常に考えにくい。ネット社会になった現代、会社側のミスで情報漏えいした場合、損害賠償請求になり、多額の損失を抱えてしまう。最悪の場合、運営サイトが閉鎖になり、会社も倒産に追い込まれる。
上記のようなリスクを背負って運営をしているため、必然的にプライバシー情報の取り扱いにはかなり神経質になっている。
そのような背景から、メールレディとして働いていることが親など外部にバレてしまうパターンとしては、
何かの拍子に自ら話してしまった、給料が振り込まれる口座を親に知られた、問い詰められた結果、話してしまったなど、決まってくる。
親バレがそんなに不安なら、一人暮らしや通勤スタイルのメールレディにするとベストではあるが、どうしても家を出られない人もいると思う。
そんな方は以下の点に細心の注意を払って行うしかない。
①フリーメールアドレスを作る。
メールはフリーメールでも登録可能だから、サイトとの連絡は、フリーメールで行う。
知人はホットメールを使っていた。お客さんにアドレスを教えてと言われた時も、フリーメールなら教えることができるから。
②ウェブ閲覧履歴からバレないように削除の習慣をつける。
家族の共有パソコンでしか仕事ができない場合は特に、仕事を終えた後は必ず履歴のクリアをする習慣をつける。
③チャットサイトをお気に入りに登録しない。
当たり前。
④IDやパスワードは記録しない。
面倒だけど、仕事開始のときは、その度に入力する。
⑤携帯メールレディで仕事をする。
部屋の壁の厚さと親がいる時間帯のみ注意を払えばよい。
⑥ 顔出しNGでも仕事ができるサイトに登録する。
収入はお小遣い程度になるが、親バレが不安で仕方ないなら、諦めるしかない。

これでも不安な方は、メールレディに向いていない。
スポンサーサイト

メールレディは副業向き?  |  メールレディはストレスが溜まる?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。