メールレディ登録



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メールレディも仕事。だから税金を納めなければならない。
メールレディを専業として行なっている人は、年間収入が38万以上になったら申告が必要になる。
私のように、副業としてメールレディをしていた人も、副業所得が年間20万円を超えてしまう場合は確定申告が必要となる。
メールレディをしていて年間20万以下の収入という人はいない。
もし居たら、ほかの仕事に就いたほうがいい。
時間帯や時期にもよるけど、時給で考えると数千円にもなることもあるし、のめりこむほど収入が増えていき、嬉々として仕事時間を増やしていくと、あっという間に高収入を手に入れることができる仕事。
年間で考えると結構な額になっているメールレディも多いのに、確定申告をしてないメールレディも多いと聞く。
きっとバレないだろうと思っているメールレディがほとんどだと思うが、私の友達はバレた。
彼女は始めてから5年にわたり確定申告をしていなかった。
だから過去5年分に遡って、確定申告をするはめになった。
そして今まで支払っていなかった所得税を5年分まとめて払っていた。
延滞料も加算されていた。
それから所得税によって税額が決まる住民税なども修正されて、追加で払っていた。
年間収入が1200万円ぐらいある人気メールレディだった彼女は、5年間確定申告しなかっただけで、合計1000万円ぐらいの支払いしなければならなくなったのだ。
彼女は得た収入をすぐに使ってしまう子だったので、確定申告をしたあと貯金がなくなってしまったと泣いていた。

ちなみに私のように副業としてメールレディをしていた場合、普通に確定申告すると、勤めている会社に副業の事実がバレてしまう。
だから、知り合いのメールレディにバレずに済むやり方を聞いて申告した。
サラリーマンが確定申告をするときに使用する「所得税の確定申告書A」にある、住民税の徴収方法の欄で、「普通徴収」(自分で納付する)をチェックする。
そうすれば、 副業所得に対する住民税の納付書が自分に送られてくるので、会社を通さずに自分で直接納付することが可能になる。
「普通徴収」にさえチェックすれば、会社からもらう給料に関する部分は、今まで通り天引きとなり、それ以外は自分で納付できるから、会社は副業の事実を知ることはできない。
このような手続きが面倒だなと思う人は副業に向いていないと思う。
スポンサーサイト

メールレディはパソコンのスペックにも拘る?  |  メールレディではブログも集客に有効?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。